子育て本書評

【本紹介】頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある|小川大介

スポンサーリンク

頭がいい子の家のリビングには、「図鑑」と「地図」と「辞書」があるって知ってました?

まるげり
「図鑑」「地図」「辞書」はうちにあるけど、全然使われてなくてホコリかぶってるよ

なんて人も多いのではないでしょうか?

 

そんな方におすすめの本を紹介します。小川大介さんの本「頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある」です。

実は、「図鑑」と「地図」と「辞書」は、買い与えるだけでは、子供はなかなか使ってくれません。使うようになるポイントは「リビングに置く」ことにあります。

 

今回は、「なぜリビングに置く必要があるのか?」という理由と、「図鑑」「地図」「辞書」の活用方法について、本書の中から私が大事だと思った点を厳選して図解にしました。

 

「辞書」「地図」「図鑑」をリビングに置いて、お子さんを「頭のいい子」に育てましょう。

この本はこんな方にオススメ

頭のいい子に育てたい

家で「辞書」「地図」「図鑑」がホコリをかぶっている

「辞書」「地図」「図鑑」にハマらせたいけど、その方法がわからない

 

 

 

頭がいい子のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある〜図解〜

記事をまとめた図解1

 

記事をまとめた図解2

 

記事をまとめた図解3

 

記事をまとめた図解4

 

読んだ感想

「辞書」「地図」「図鑑」は、買っただけではハマらせるためには、親の関わりが最も大事。確かに、私も幼少期に図鑑を買ってもらっていたが、子供部屋に並べていたため、あまり自分で手にとって読む機会はなかったなぁと思い出しました。

この本を読んで、さっそく図鑑と地図と地球儀をリビングに置いてみましたが、目に入る&手に取りやすい場所にあるので、子どもも開きやすく親も声をかけやすいので、「リビングに置くこと」で、かなりハマらせやすくすることができると感じています。

また、日常の会話の中で、「地図」「図鑑」につなげる会話をすることも効果も感じることができています。

 

ゆくゆくは、辞書も買い揃えて、一緒に言葉を調べていきたいです。

 

図解でまとめたのは本のごく一部です。「辞書」「地図」「図鑑」をもっと活用したい方、この本に興味を持った方は、ぜひ手にとって読んでみてくださいね♪

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

-子育て本書評

© 2021 まるげりスイッチ