読みもの

【コロナ運動不足解消】ケンケンパの遊び方を増やす方法 〜お庭エクササイズその1〜

スポンサーリンク

コロナで出かける機会が一気に減りましたね

おうち時間が増えることで気になるのが「運動不足」です。

 

まるげり
緊急事態宣言が解除された地域も増えてきたけど、まだまだ気軽にお出かけしづらいな

 

今回は、チョークなどで線を引くだけで、庭で簡単にできる「ケンケンパ」の遊び方を3つ紹介します。ケンケンパの遊び方のバリエーションを増やして、お子さんの運動不足を解消しましょう。

 

この記事はこんな方にオススメ

  • コロナで親子共々運動不足
  • ケンケンパの遊び方のバリエーションを増やしたい
  • 未就学児〜低学年のお子さんがいる方

いろんなパターンを作って楽しむ

1つ目の遊び方は、「いくつかのパターンを作って楽しむ」です。

ランダムに書いて楽しむもよし、長いのを書いて楽しむもよし、感覚を広げて書くのもよし、色んなパターンで楽しみましょう。

 

私のオススメは、「リズムよく飛べるように書く」です。

(例1)ケンパケンパケンケンパ(定番)

(例2)ケンケンパケンケンパ(3拍子)

(例3)ケンケンパ・ケンケンパ・ケンパケンパケンケンパ(3・3・7拍子)

イメージ図は下図参照

リズムに合わせたケンケンパの図

 

このパターンでケンケンパをすれば、運動をしながらリズム感覚も育むことができます。

飛ぶときには、「ケンパ!ケンパ!ケンケンパ!」と声を出したり、手を叩いたりしながら飛ぶと、よりリズムがわかりやすくていいですね。

まるげり
例2の3拍子は、クイーンの「We Well Rock You」を流してやっても面白いかもしれませんね。

 

石ケン

2つ目の遊び方は「石ケン」です。

【遊び方】

  1. 「ケンパケンパケンケンパ」を書き、数字を書く
  2. スタート位置から、1人目が1番に石を投げ入れる
  3. 石が入っているところはジャンプで飛び越え、ケンケンで進む
  4. 10までついたら、戻ってくる。
  5. 石の前までついたら、石を拾って帰ってくる(石があった枠は飛び越える)
  6. 1番をクリアしたら2番、2番をクリアしたら3番…と順番に石を投げ入れてクリアしていく。
  7. 投げ入れるときに、枠に入らなかったり、ケンケンパを失敗したりしたら、次の人と交代する。
  8. 先に10までクリアできた人が勝ち

下図参照

石ケンの遊び方1 石ケンの遊び方2

 

遠くに行けば行くほど石が入らなくなるので難しくなります。

また、石の形で投げ入れやすさが変わります。

 

まるげり
石選び重要です!

 

石で投げ入れるのが難しいときには、転がりにくいもの(木やプラスチック・お手玉など)に変えると、難易度がさがるので、お子さんの年齢に応じて変えてみてください。

 

ケンケンパじゃんけん

3つ目は「ケンケンパじゃんけん」です。

【遊び方】

  1. 少し長めのケンケンパを書く
  2. 両端に1人ずつ立ち、「よーいドン」でケンケンパをはじめる
  3. ぶつかったらじゃんけん。負けたらスタート位置に戻る
  4. 先に相手のスタート位置についたほうが勝ち

下図参照

ケンケンパじゃんけんの図

 

 

1対1でもできるし、チーム戦もできます。

感覚が広いゾーンや、感覚が狭いゾーンなどを作っておくと、盛り上がること間違いなしです。

 

 

まとめ

今回はケンケンパの遊び方を3つ紹介してきました。

線を引けばすぐにできる「ケンケンパ」。ジャンプをする運動なので、結構運動量があります。

コロナで運動不足なお子さん、親御さん。ケンケンパをして、コロナの運動不足解消&親子の絆を深めてみてはいかがでしょうか。

 

最後まで読んでいただいたありがとうございました。

 

あわせて読む
【コロナ運動不足解消】1人でもできる「お庭バドミントン」 〜お庭エクササイズその2〜

続きを見る

あわせて読む
【コロナ運動不足解消】なわとびのやる気を出させる方法 〜お庭エクササイズ その3〜

続きを見る

スポンサーリンク

-読みもの

© 2021 まるげりスイッチ