子育て

【対処法】子どもの「なんで?」が楽しくなる方法〜子どもは小さな科学者〜

スポンサーリンク

2歳ぐらいになると、お子さんの「なんで?なんで?」攻撃が始まりますよね。

 

まるげり
いつも「なんで?」って言われるのがつらい…

 

ずっと続く「なんで?」の対処法は、大きく分けて2つあります。

  1. 具体的な声かけ方法を学ぶこと
  2. 見方や考え方を変えて、子どもの〈なんで?〉を楽しむ方法を知ること

 

この記事では、2つ目の対処法「見方や考え方を変えて、子どもの〈なんで?〉を楽しむ方法」について、紹介していきます。

今回紹介する2つのマインドセットを身につけて、子どもの「なんで?」を、少しでも楽しめるようにしていきましょう。

 

参考

この記事の筆者は、「100冊以上の育児書・教育書を読んできた経験」と「10年間小学校教員をしてきた経験」と「2児の父をしている経験」から、子育てについての情報を発信しています。

 

子どもの「なんで?」が楽しくなるマインドセット〈その1〉

「なぜなぜ期」に親がもっておきたいマインドセット〈その1〉は、「子どもは小さな科学者」と考えるということです。

 

子どもは、身の回りのいろいろなことに疑問をもちます。

それは、目の前に広がる世界のことを「知りたい」と感じているからです。

 

目に見える空。耳から聞こえる鳥の鳴き声。鼻でキャッチできるおいしそうな匂い。大好きなお菓子の味。さわりたくなるふわふわなぬいぐるみ。

常に五感を使って、世界とつながり、世界のことを知ろうとしています。

 

さらに、つみきを積み上げては崩し、積み上げては崩したり…

手当り次第、おもちゃを口にいれたり…

虫にずーっと夢中になったり…

 

子どもは、この世界のことをなんでも知りたい「小さな科学者」なのです。

 

この世界のことを知りたくて、解き明かしたくてたまらない。だから「なんで?」という言葉で、その疑問を解明したくなるのです。

 

 

そう考えると、ちょっとかわいく感じませんか?

「小さな科学者なんだ」と思っておくと、子どもの「なんで?」が、少し愛おしくなってきますよ。

子どもの「なんで?」が楽しくなるマインドセット〈その2〉

「なぜなぜ期」に親がもっておきたいマインドセット〈その2〉は、「なんで?」は親子の科学を紡ぐ時間と思うことです。

 

子どもが「なんで?」というのには、2つの理由があると考えています。

  1. 単純に知りたい
  2. そのことについて考えたい

 

私たちは、「なんで?」と聞かれたら、その答えを言わなきゃならないと感じてしまいます。それは、子どもが「単純に知りたい」とだけ考えているからです。

 

でも実は、「そのことについて考えたい」という理由もあるのです。

ちゃんとした答えはわからなくてもいいから、「パパやママと一緒に考えたい」という思いです。

 

 

先日、息子(6)とこのような会話をしました。

息子「パパ。太陽はどうやって動いているの?」

「どうやって動いていると思う?」

息子「車はガソリンで動いているけど、太陽はガソリンじゃないと思うんだよなぁ」

「鳥みたいに飛んでるのかな?」

息子「えー、バタバタ音がしないからちがうと思う!水に浮かんでるみたいなのかな?」

「浮かんでるのかもね!」

 

単純に真実を知りたいのであれば、「地動説」の話をすればいいのです。

しかし、「そのことについて考えたい」という思いを拾ってあげられたら、「親子の科学」を紡ぐ楽しい時間を過ごすことができます。

本当の科学のことはそっちのけで、「親子の科学」を紡ぐ時間。これほど楽しい時間はないです。

 

 

いつも正しい答えを与えてあげるのもいいですが、たまには「親子の対話」を目的にしてもいいのではないでしょうか。

そう考えると、子どもの「なんで攻撃」が、楽しいひとときに変わっていきます。

 

今しかない、子どもの「なんで?」を楽しもう

2歳ごろからはじまる「なぜなぜ期」。

1日100回ぐらい「なんで?」と聞かれる日もあって、親としてはうんざりすることも多いですよね。

 

でも、「子どもは小さな科学者」「親子の科学を紡ぐ時間」という2つのマインドセットを持っておくと、つらいだけだった「なんで?」を少し楽しめる瞬間がやってきます。

 

4〜5歳ぐらいになると、「なんで?」の質も高まり、ますます「親子の科学を紡ぐ時間」が楽しくなってきます。

2つのマインドセットを身につけて、お子さんとの「なんで?」のやりとりを楽しんでみてください。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

-子育て

© 2021 まるげりスイッチ