フリーランス

【ピンタレスト】ピン画像の適正サイズと作り方|Canva・キーノート・パワポの設定も

スポンサーリンク

マルくん

ピンタレストのピン画像ってブログのアイキャッチをそのまま使ってもいいのかな?

 

まるげり

ピン画像は作り直したほうが、ピンタレストのインプレッションは高くなるよ

 

ブログ記事をピンタレストにピンするときに、アイキャッチ画像をそのまま貼りたくなりますよね。

でも、ピンタレストのピン画像は、作り直したほうがおすすめです。

 

この記事では、

  • ピン画像の適正サイズ(結論:横1000px、縦:1500pxです
  • Canva・Keynote・PowerPointでのサイズの設定の仕方

について紹介していきます。

 

それでは早速行きましょう

 

ピン画像の適正サイズは?

ピン画像の適正サイズは、横1000px、縦1500pxです。

 

ピンタレストのヘルプセンターでは、次のように説明があります。

ヘルプセンター記載のピン画像の適正サイズ

 

ファイルタイプ・・・PNGまたはJPFG

最大ファイルサイズ・・・20MB

アスペクト比・・・2:3、または1000✕1500px

 

マルくん
1000✕1500px以外で作るとどうなるの?
まるげり
それぞれの画像をピンタレストで見比べてみようか?

 

「ブログのアイキャッチそのまま(左上)」と「適正サイズ1000✕1500pxで作ったピン画像(右下)」の比較写真

ブログアイキャッチと適正サイズの見栄え比較

 

マルくん
ブログアイキャッチそのままで載せたら、画像が小さく表示されるんだね

 

まるげり
ピン画像のサイズは、エンゲージメント(クリック・タップしてもらえるか)に大きく影響するから、できれば1000✕1500pxで作りたいよね

 

Canvaやキーノート、パワポでどのようにしてサイズを設定したらよいか見ていきましょう。

 

Canva・キーノート・パワーポイントでのサイズ設定方法

ピン画像をつくるためのツールは、基本的に何でもOKです。

 

マルくん
できれば無料でできるのがいいなぁ

 

ここでは、無料で使うことができる、「Canva」、「Keynote(キーノート)」、「PowerPoint(パワーポイント)」、それぞれのサイズ設定方法について紹介していきます。

 

Canvaのサイズ設定方法

Canvaは、ブラウザ上で、誰でも無料でデザインすることができる神ツールです。

 

まるげり
私もCanvaを使ってピン画像を作成しています

 

【サイズ設定の仕方】

1.Canvaを開いて「デザインを作成」をクリック。(登録していない人は、登録をしましょう。無料です)

Canvaトップ画面

 

 

3.検索窓に「Pinterest」と入れて(「ピン」でもOK)、「Pinterestピン(1000✕1500)を選ぶ。

ピン画像の適正サイズの出し方

 

3.作成する。

 

マルくん
作成するって、どんなデザインにしたらいいのかわからない!!
まるげり
Canvaはたくさんテンプレートがあるから、とっても作りやすいんだよ♪

 

Canvaには、無料で使えるテンプレートがたくさんあります。

デザインに悩んだときには、この中から選んで作成するといいでしょう。

テンプレートが選べる場所の説明写真

 

また、素材も、検索して出てきた画像なども使うことができます。(無料版の人は、「無料」と出てくるもののみ使用可)

すべての素材を使うためには、Canva Proにアップデートする必要があります。

 

まるげり
今なら無料の30日間体験を実施中だよ

 

無料体験ができるときに、一度CanvaProを体験してみるのもいいですね。素材集めって結構時間がかかりますからね…。。。

Canva Pro

デザインが完成したら書き出しましょう。

 

4.「下矢印」をクリックし、ファイル形式(PNGでOK)、ページを選択してダウンロードをクリックする。Canvaの画像のダウンロードの仕方

 

これで、Canvaでのピン画像作成終了です。

 

 

 

Keynoteのサイズ設定方法

キーノートは、MacのPCで無料で使用できるプレゼンテーションソフトです。

 

Macを使っている人なら、何も登録せずに使い始めることができます。

 

1.新規作成を押します(無難に「ホワイト」を選んでおきましょう)

キーノートの新規作成画面

 

2.書類をクリックします

書類を選択する

 

 

 

3.スライドのサイズをクリックして、「カスタムのスライドサイズ」をクリックします。

カスタムスライドの選択画面

 

 

4.幅→1000px、高さ→1500pxと入力して「OK」を押します。

カスタムスライドのサイズ入力画面

 

5.作成する。

 

6.できたら、「ファイル」→「書き出す」→「イメージ」を選択する

画像の書き出し方の写真

 

7.「次へ」をクリックする。

「プレゼンテーションを書き出す」の写真

 

これで、Keynoteを使ったピン画像の作成は完了です。

 

 

 

PowerPointのサイズ設定方法

PowerPoint(パワーポイント)は、Microsoftのプレゼンテーションソフトです。WindowsのPCを使っている方は、最初から入っていることも多いのではないでしょうか。

 

パワーポイントは、pxでスライドサイズを指定できないので、「図形」の四角を活用して、作成していきます。

 

1.パワーポイントを開いて、「挿入」→「図形」を選ぶ

図形→書式を選んでいる写真

 

 

2.適当な大きさの四角を作る

適当な大きさの四角を作っている写真

 

 

3.「書式」をクリックして、横10cm、縦15cm(2:3)にする

四角のサイズを2:3にする

 

 

4.作った四角の上で図形を作成する

四角の上でデザインをしている図

 

 

5.できたら、図形をグループ化して、右クリックで「図として保存」を選択

画像の保存の仕方の写真

 

これで、パワーポイントを使ったピン画像の作成は完了です。

 

まとめ:ピン画像は横1000px、縦1500pxで作ろう

ピン画像の適正サイズと、Canva、Keynote、PowerPointそれぞれでの作り方を紹介してきました。

 

マルくん
適正サイズで作らないと、画像が小さく表示されちゃったよね…

 

適正サイズでピンを作成して、たくさんのユーザーに見られるようにしましょう。

 

 

 

ピン画像を作り終わったら、あとは投稿(ピン)するだけです。

作ったピン画像の投稿の仕方を知りたい人は、こちらの記事をお読みください。

【ピンタレスト】ブログ記事からピンを作る方法|ズボラな人でもラクラク投稿でアクセスUP

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

-フリーランス

© 2021 まるげりスイッチ