子育て本書評

【書評】「賢い子」に育てる究極のコツ〜16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える〜|瀧靖之

スポンサーリンク

まるげり
わが子を賢い子に育てたいな

 

誰もが願うことですよね。

この記事で紹介するのは、瀧靖之さんの本【「賢い子」に育てる究極のコツ】です。16万人の脳画像を見てきた瀧さんが、「賢い子」に育てるための秘訣を教えてくれる1冊です。

 

 

本書でいう「賢い子」とは、「勉強ができる成績のいい子」ではありません。

ここでいう「賢い子」とは、ズバリ「ちゃんと好奇心が育っている子」のことです。

「勉強のできる成績がいいだけの子」は、どこかでかならず限界を迎えます。しかし、「賢い子(好奇心の育った子)」は、自分で自分の力を伸ばしていくことができるのです。

 

今回は、本書の中で、私が大事だと思ったところを図解にまとめました。

 

「賢い子」に育てる究極のコツ 〜図解〜

好奇心を引き出す3つのひみつ道具の図解

 

才能とセンスは「始める時期」で決まる

 

脳が成長するおすすめの生活習慣

本を読んだ感想

私にとって「賢い子=ちゃんと好奇心が育っている子」という定義がとてもしっくりきました。好奇心が育っていれば、自立して考える子に育つ。やらされる学習をさせるのではなく、幼いうちから好奇心をしっかり育てて、自分で学びたいと思って学習に取り組んでもらえるように、ひみつ道具をしっかり準備してあげたいと感じました。

本書では、この内容以外にも「いつ、何を始めたらいいのか?」「親の役割」「脳が成長するおすすめの生活習慣」などの内容についても学ぶことができます。脳科学の視点から書いてあるので、学ぶことが多い1冊です。

気になった方は、ぜひ手にとって読んでみてくださいね。

 

動画でも一部解説をしています。確認したい方は、こちらからどうぞ

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

-子育て本書評

© 2021 まるげりスイッチ