読みもの

【子どもの自立】アドバイスのしすぎは子どもの自立を阻害?考えさせる問いかけをしよう

スポンサーリンク

子どもに「こうしたらいいよ」「ああしなさいこうしなさい」とアドバイスしますよね?

 

まるげり
毎日、どう伝えたらわかりやすいか考えながら伝えてるよ。

 

でも実は、アドバイスのしすぎは、子どもの自立を阻害してしまうことがあります。

 

まるげり
え?じゃあどういたらいいの?

 

この記事では、「アドバイスをしすぎると子どもの自立を阻害してしまう理由」と「どんな声かけをしたらいいか」について紹介していきます。

 

この記事を書いている人

これまで、100冊以上の教育書・育児書を読んできた、元小学校教員です。

Twitterで毎日子育て・自立に関する情報を発信しています。

 

アドバイスのしすぎが子どもの自立を阻害してしまう理由

アドバイスのしすぎはなぜ「子どもの自立を阻害してしまう」のでしょうか。

その理由は、毎回的確なアドバイスをすることで、子どもは

  • ママに聞けば解決法がわかる
  • 自分で考えなくても親が助けてくれる
  • 自分で考えるというクセが身につかない

と考えるようになるからです。「自分で考えなくても、解決策がわかってしまう」ことに慣れると、自分で考えることをやめてしまいます。

 

時には、アドバイスを我慢することが大切なのです。

 

まるげり
自分で考えて、行動できるようにさせてあげたいなぁ

 

では、アドバイスではなく、どのような声かけをすればよいのでしょうか?

 

子どもに考えさせるための声かけ

まるげり
アドバイスしないんだったら、どんな声かけをしたらいいの?

 

結論から言うと、「子どもに考えさせるように促す」ことが大切です。

ここは、あまり難しく考えず、シンプルに

「どうしたらいいと思う?」

「どうしたらうまくいくかな?」

と問い返すことをおすすめします。

 

たとえば、わが子が宿忘れ物をよくする子だったとして、

「忘れ物しないように〇〇をしたらいいでしょ。」と親からアドバイス(答え)を言うのではなく、

「どうしたら忘れ物をなくせるかな?」と聞いて、自分で考えさせる機会を増やしてあげましょう。

 

 

いきなり自分で考えさせるのが、ハードル高いときには

「どうしたら忘れ物がなくせるかな?一緒に考えようか!

というように声をかけて、一緒に考えてあげましょう。

 

 

また、このとき、「気合や根性で解決する方法を考える」のではなく、「仕組みで解決できる方法を考える」ようにするのをおすすめします。

 

「忘れ物しないように、連絡帳をしっかりみる」という方法ではなく、

 

「明日の準備が終わらないとおやつを食べられないようにする。①明日の準備をする →②冷蔵庫のホワイトボードにチェック →③おやつという流れの仕組みを作る」というような、うまくいきそうな仕組みを考えていきましょう。

 

まるげり
人間の意志は弱いので、仕組みで解決するのがおすすめ。

 

 

考えた方法を試してみると、失敗することもあると思います。

失敗したら、また「どうしたらうまくいくかな?」と問いかけて、うまくいくまで改善させてあげましょう。

自分で考える→失敗→改善→失敗→改善…を繰り返すことで、「自分で考える子」に育てることができます。

 

たまにはアドバイスを控えてみよう

子どもが自立できるようにするために、「アドバイスを控えて、子どもに考えさせる問いかけをしよう」という話をしてきました。

 

ただし、全てのアドバイスを我慢して、全部問い返していたら子どもも親も疲れます。

なので、「たまにはアドバイスを控えて、考えさせてみるか!」ぐらいの気持ちで取り組むことをおすすめします。

 

仮に、2日に1回アドバイスを控えたとしたら、1ヶ月で15回も「自分で考えるトレーニング」ができることになります。

 

親も子どもも苦しくならない程度に、アドバイスを控えて、子どもの「自立」の手助けをしてあげたいところですね。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

-読みもの