子育て本書評

【書評】わが子に性教育してみました|看護師マッキー

スポンサーリンク

お子さんの性教育やってますか?

 

まるげり
性教育って恥ずかしいし、どんなことしたらいいかわからない

 

性教育って、結構ハードルが高いですよね。できることなら避けて通りたい。でも実は、性教育は「おうちで」「早い時期から」することが大切なのです。

 

今回は看護師マッキーさんの「わが子に性教育してみました」の紹介をします。

 

この本は、性教育をするメリット0~12歳の年齢別・性教育メソッドを学べるような内容になっています。

今回は、本書の中から私が大事だなと思ったところを図解にまとめました。

気になった方は、ぜひ手にとって読んでみてくださいね。

 

わが子に性教育してみました 〜図解〜

性教育って家でするの?の図解

 

 

おちんちんのえほん

3歳から性教育を始めるなら、まずはこの本がオススメ。プライベートゾーン、性被害、命の誕生について触れられています。

created by Rinker
¥1,320 (2021/06/19 16:40:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

わたしのはなし

生被害を予防するために必要な「断る力」の大切さが書かれています。3歳〜6歳ぐらいが対象。タイトルは「わたし」だけど、男の子も読んでOKです。

created by Rinker
¥1,430 (2021/06/19 17:08:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

ぼくのはなし

タイトルは「ぼく」だけど、女の子もOK。ストレートな絵が書かれているので、心の準備をして、書かれている言葉を淡々と読むようにしましょう。命の誕生と死についても触れられています。3〜6歳ぐらいが対象。

created by Rinker
¥1,430 (2021/06/19 16:40:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

女の子・男の子からだBOOK

6歳ぐらいからが対象。子どもが持つ様々な性に関する疑問についてユーモアや愛情を加えて説明しています。保護者にとっても参考になる1冊です。

created by Rinker
¥1,760 (2021/06/19 19:09:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

あっ!そうなんだ性と生

5〜10歳ぐらいが対象。大人でもなかなか説明しにくいこと(性器の名前・自慰行為など)を子どもに伝えてくれる1冊。ストレートな絵が多いので、心の準備が必要です。

 

本を読んだ感想

性教育ってどのように始めたらいいのか、恥ずかしくて教えづらいなと思っていましたが、わが子が性被害にあったり、性加害者になったりしないようにするために、早い時期から段階をおって性教育を始めていきたいと感じました。私もプライベートゾーンを教えることと絵本の読み聞かせから始めてみようと思います。

本の内容が気になった方は、ぜひ手にとって読んでみてくださいね。

 

また、看護師マッキーさんは、YouTubeでも性教育についての動画を配信しています。詳しく知りたい方はご覧になってください。

看護師マッキーさんのYouTubeチャンネル

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

-子育て本書評

© 2021 まるげりスイッチ Powered by AFFINGER5