教員→フリーランス

教員からWebライターになるには?|在職中からできる準備5選

スポンサーリンク

マルくん

教員からWebライターになりたいんだけど、どうやったらなれるのかな?

教員からWebライターになれるか不安に思っていませんか?

実は、教員からでもWebライターになることはできます。

しかし、いきなり退職してWebライターになったからといって、いきなりそれだけで生計を立てていくというのは難しいです。

なぜなら、Webライターとして案件を取るためには「実績」が必要になるからです。

この記事では、「教員からフリーランスのWebライターになるための方法」と「在職中にできる準備・作れる実績」を紹介しています。

記事を読むことで、今日からWebライターとしての準備を始めることができるようになります。

ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

Webライターとは?仕事内容と魅力と問題点

Webライターとは

まずはWebライターの仕事と魅力について紹介します。

Webライターの仕事

Webライターとは「パソコンを使って、依頼された内容の記事を書くことを仕事にしている人」のことです。

最近はWeb上にたくさんのサイトやホームページが増えています。

たとえば

  • 企業のホームページ
  • 地方自治体のホームページ
  • ニュースサイト
  • アフィリエイトサイト
  • 個人ブログ

など様々です。

ここ数年、個人で発信する人も増えてきているので「Web上に載せる文章を書いてほしい」という需要が増えてきています。

それらの文章を書くのがWebライターの仕事です。

Webライターの魅力

フリーランスのWebライターの魅力は2つあります。

  • 誰もがなれるチャンスがある
  • どこでも仕事ができる

1つ目の魅力は「誰もがなれるチャンスがある」ということです。

Webライターは、ある程度の文章が書ければはじめることができます。

Web制作や動画編集のように、専門のスキルも必要ないので、スクールなどに通うことなくはじめることができます。

また、クラウドソーシングのサイトなどを使えば、最初の1円を稼ぎやすいため、スタートで挫折することも少ないです。

「誰もがなれるチャンスがある」というのは、Webライターの大きな魅力です。

2つ目の魅力は「どこでも仕事ができる」ということです。

基本的に、PCとインターネットにつながる環境があれば、どこでも仕事をすることができます。

自宅で仕事をすることはもちろん、カフェや旅先などでも仕事をすることが可能です。

旅行をしながら生計を立てていくノマドワーカーを目指すことができるのも魅力の1つです。

マルくん

わぁー!憧れるー!!

ただし、「誰でもなれるチャンスがある」ことと「どこでも仕事ができる」というのは、裏返せば「Webライターを目指す人も多い」ということでもあります。

参入障壁が低く、ライバルが多いのも事実なので、準備なしでなろうとすると確実に痛い目にあいます。

また、実績やスキルがないうちは、低単価な単発案件しか得ることができないので、それだけで生計を立てていくことは難しいです。

魅力的な仕事であるからこそ、しっかり準備をしていくことが大切になります。

Webライターに必要なスキルは?

必要なスキルは?

Webライターになるために、必要な資格などはありません

特に、単価の低い案件であればスキルも必要ないので、すぐに引き受けることができます。

しかし、高い案件の仕事を受けるためには、ある程度のスキルが必要になってきます。

受ける案件の種類によっても異なりますが、Webライターとして単価をあげるために必要なスキルを3つ紹介します。

文章力

まずは文章力です。

最低限、相手に伝わる文章を書く必要があります。

文章を書くときに注意したいこととしては、例えば次のようなことがあります。

  • 文章は簡潔に
  • 一つの文章につき一つのメッセージ
  • 結論を先に述べる
  • 序論→本論→結論で書く
  • わかりやすい言葉を使う

また、相手目線に立った文章を書くことも大切です。

誰のどんな悩みを解決する文章なのか」というのを意識して書くことで、文章力が向上します。

SEOの知識

WebライターにはSEOの知識も必要です。

SEOとは、検索エンジンで上位表示されるために必要な知識のことで、主に、読者の悩みを解決できる記事を構成して書く力のことです。

多くのWebの記事は、Googleの検索結果から読まれることになります。

そのとき、読者にわかりやすいように

  • タイトルに検索キーワードを含めるように書く
  • 読者の悩みを解決する文章を書く
  • 読者が読みやすい文章の構成で書く

などを意識する必要があります。(これはほんの一例です)

これらのSEOの知識を身につけておくことで、仕事の幅が広がります。

Webライターとして生計を立てていくのであれば、確実に学んでおきたい知識の1つです。

話し方・聞き方のスキル

Webライターをしていると、インタビュー記事を書くこともあります。

そのときに必要となるのが「話し方・聞き方」のスキルです。

インタビュアーから、適切な情報を聞き出すスキルがあれば、引き受けられる案件の数も質も高まります。

学校の先生は、コミュニケーション力が高い人が多いです。

教員時代に培ったコミュニケーションスキルをうまく活用していきたいですね。

その他にも、カメラの技術があると仕事の幅が広がります。

自分の受けたい仕事によって、必要なスキルを身につけていきましょう。

Webライターになるには?

Webライターになるには?

Webライターになる方法と、未経験から実績を作る方法について紹介します。

Webライターになる方法

Webライターは、クラウドソーシングサイトという「ネット上で仕事の発注者と受注者をマッチングさせるサイト」に登録して案件に応募したら、Webライターとしてデビューできます。

マルくん

え!意外と簡単になれるんだね。いきなり稼げるの?

残念ながら、いきなりは稼げません。汗

最初は1文字あたり0.3円ぐらいのスタートになります。

…といってもわかりづらいので、めやすとして、経験月数と文字単価の大まかな表を作りました▼

経験月数文字単価原稿1本の単価
〜半年0.3〜0.8円900円〜2,400円
半年〜1年0.8〜1.2円2,400円〜3,600円
1年〜1.2円〜3,600円〜

※原稿1本3000文字として想定しています。

案件をこなして実績を積むことで、文字単価をあげていくことになります。

1年ほど継続して続ければ、1文字1円以上の文字単価を狙えるぐらいになるでしょう。

しかし、クラウドソーシングサイトだけで、生計を立てていくのはかなり厳しいです。

理由は「単価が低い&継続して案件を受けられないから」です。

マルくん

どうしたらいいの?

Webライターとして生計を立てていくためには、クライアントと直接つながることが必要になります。

クライアントと直接つながることで

  • 継続して案件を受注できるようになる
  • 1本の原稿料が高くなる

ということが可能になります。

クライアントと直接つながるためには、Webライターとしての「実績」が必要です。

そのため、まずは実績づくりを意識しながら準備を進めていくことが大切になります。

未経験から実績をつくる方法

マルくん

未経験からどうやって実績をつくったらいいの?

ライター未経験の教員が、実績を作る方法を3つ紹介します。

ブログを始める

実績を作る方法の1つ目が「ブログを始めること」です。

「ブログを書く」ということは、すなわち「Webに文章を投稿する」ということなので、Webライターとしての実績に使うことができます。

実績として使える以外にも、ブログにはいいことがたくさんあります。

ブログをはじめるメリット

  • ライティングの機会を作れる
  • SEOの知識を学べる
  • アフィリエイト記事を扱うことができる

ライターとして成長するためには「書く」ことが必要なのですが、日常生活で書く場面はなかなか作れません。

ところが、ブログを立ち上げることで書く必然性が生まれます。

毎日文字を書く習慣がない人は、ブログを立ち上げることをおすすめします。

また、ブログを書くことで「SEO」の知識や「アフィリエイト記事の書き方」を身につけることもできます。

Webライターとして活躍していくためには、どちらも大切なスキルになるので、自分でブログを運営する経験はかなり貴重になりますよ。

マルくん

どのブログサービスではじめたらいいの?

ブログは、「はてなブログ」や「アメーバブログ」といった無料ブログではじめることもできます。

…が、本気でWebライターになろうと思う人は有料の「ワードプレス」でブログを作ることをおすすめします。

ワードプレスでブログを始めたほうがいい理由は、2つあります。

  • 案件獲得の幅が広がる
  • 単価が上がる

Webライターの案件には、ワードプレスを使った案件が多く見られます。

なぜなら、世の中のWebサイトの30%以上はワードプレスを用いたサイトだからです。

扱える案件は多ければ多いほど、チャンスは広がりますよね。

また、ワードプレスを扱うためにはある程度の知識が必要になるので、ワードプレスを扱えるというだけで単価があがることもあります。

さらに言えば、未経験からWebライターを目指す人には、ワードプレスを扱うことができない人が多いです。

そのため、ワードプレスを使えるということは、他の人と差別化できるポイントにもなります。

クラウドソーシングで案件をこなす

実績を作る方法2つ目は「クラウドソーシングサイトで案件をこなすこと」です。

はじめは低単価な案件からスタートでほとんど稼ぐことはできませんが、案件をこなしていけばそれが実績になります。

最初の3ヶ月〜半年ぐらいはつらいですが、コツコツと実績を積み重ねていけば、自ずと高単価な案件に挑戦できるようになります。

1年目は「初任者研修」だと割り切って、コツコツと実績を作っていきましょう。

一度転職して実績を作る

実績を作る方法の3つ目は「一度転職すること」です。

ライターとして採用されれば、収入が安定してもらえるし、育成もしてくれるためスキルアップも早いです。

Webライターとして勤務した経験それ自体が実績になるので、フリーランスとしての仕事も獲得しやすくなります。

勤務する中でできるクライアントとのつながりも大きなメリットの1つです。

転職を考える場合は、転職サイトに登録して気になる案件を探してみることをおすすめします。

転職サイトはリクナビNEXTに登録をしておけば、多くの転職案件を見ることができます。

本格的にWebライターとしての転職を考えるのであれば、リクルートエージェントのような転職エージェントに登録して、転職先を相談しながら探すのがおすすめです。

※転職エージェントとは、1人1人にエージェントがつき、転職のサポートをしてくれるサービスのことです。

教員からの転職におすすめの転職サイト・転職エージェントはこちらの記事に詳しく書いています。気になる人はご覧くださいね▼

Webライターになるために、在職中からできる準備5選

在職中からできる準備

ここからは、教員が在職中にできる具体的なアクションプランを5つ紹介します。

併用できるものもあるので、できそうなものを取り入れて始めてみてくださいね。

ブログを始める

もっともおすすめなのは「ブログを始める」ことです。

先ほど紹介した「未経験から実績を作る方法」の中で、唯一在職中にできるのがブログです。

(クラウドソーシングサイトで案件獲得したら副業になりますからね…)

ブログを始めることは、いいことづくしです。

ブログを始めるメリット

  • ライティングの練習ができる
  • SEOの知識を学んで実践できる
  • ライターとしての実績に使える

繰り返しになりますが、本気なら「ワードプレス」ではじめることをおすすめします。

年間15,000円ほどの出費がありますが、払うだけの価値はあります。(ブロガーとしての道もひらけます♪)

ワードプレスの始め方は、こちらの記事で紹介しています▼

こちらは、ブロガーを目指す人向けの記事になりますが参考になると思います。合わせてご覧くださいね▼

スキルを身につける

在職中にWebライターとしてのスキルも身につけておきましょう。

スキルの身につけ方は「本から学ぶ」か「講座を受ける」のがおすすめです。

おすすめのライティング本は、こちらの記事で紹介しています▼

Webライターとしてのスキルを身につけられる講座もあります。

どちらも1ヶ月ほどの短期で学べるので、「教材選ぶのがめんどう」「体系的に一気に学びたい」「絶対成功させたい」という人は講座を受けるのもいいですね。

ポートフォリオの準備

Webライターとしてデビューするときには、ポートフォリオを作っておきましょう。

ポートフォリオというのは自分の作ってきた作品集のことです。

ブログをはじめた人であれば、ブログの中で「ポートフォリオ|仕事の実績・依頼ページ」などのタイトルで記事を作成しましょう。

ポートフォリオの記事には、次のような項目を載せておくのがおすすめです。

  • プロフィール
  • 経歴
  • 得意ジャンル
  • ライターとしての実績(これまで書いたブログ記事など)
  • お問い合わせ

はじめて作るときには、ライターとしての実績はないと思うので、これまで書いたブログ記事などのリンクを貼っておきましょう。

ポートフォリオがあるのとないので、受注のしやすさが変わってきます。

でもそれは当然のことですよね。

もしあなたが仕事をお願いする側の人だったとして

「私ライターのお仕事できます!」と口で言うだけの人

「私ライターの仕事できます。これまでこんな実績があって、こんな記事を書いてきました!」というようにポートフォリオを提示できる人

この2人があなたのもとに来たら、後者の人に仕事を依頼しますよね?

これまでにどんな仕事をしてきたのかを示せるほうが、案件は獲得しやすくなります

なので、教員を退職してWebライターとして再スタートを切るのであれば、できるだけ在職中にポートフォリオまで作っておきたいですよね。

本業中に書く文章を意識して書く

最後に、本業の中で文章を書く機会を増やしたり、文章の質を向上させたりすることも意識していきましょう。

クラス担任をしているのであれば、学級通信に力を入れることをおすすめします。

学級通信を書くことには、次のような良さがあります。

  • 保護者(相手)に伝える文章を書く練習になる
  • 書く内容をリサーチするクセが身につく
  • 書く習慣が身につく

他にも、日々実践していることを教育論文にまとめることもおすすめです。

教育論文を書くことは、文章の構造を組み立てる力が身につきます。

ちなみに、教育論文を書くのが苦にならない人は、かなりライター向きだと思います。

私はそのタイプで、教員時代は3年間に2本ぐらいのペースで論文を書いていたのですが、今、1日中文章を書いていても全然苦になりません。

学級通信や教育論文を書くときには、相手に伝わりやすい書き方を意識しながら書いてみましょう。

転職する人向け:転職サイトに登録する

一度Webライターとして転職してからフリーランスを目指したい人は、転職サイトや転職エージェントに登録しておきましょう。

おすすめの転職サイトは「リクナビNEXT」と「doda」です。

その他にも、転職サポートがほしい人は「リクルートエージェント」などの転職エージェントにも登録をしましょう。

こちらの記事で、おすすめの転職サービスの紹介をしています。ぜひご覧ください▼

Webライターとして転職するときにも、ポートフォリオがあったほうが有利に働きます。

なので、時間に余裕があるなら、転職活動をしながらもブログの執筆をして、ライターとしての実績作りをしておくことをおすすめします。

ワードプレスの始め方はこちらの記事で紹介しています▼

おまけ:クラウドソーシングサイトに登録して覗いてみるのも◯

最後に、クラウドソーシングサイトに登録だけしてみるのもおすすめです。

「どんな種類の案件があるのか」、「どれぐらいの文字単価なのか」ということは、実際に見てみるのが一番です。

実際の案件を見たい人は「クラウドワークス 」、「ランサーズ」、「Bizseek 」などのクラウドソーシングサイトに登録をしてみて、案件を覗いてみてください。

どのサービスも、無料で登録することができますよ。

(もちろん副業は原則禁止なので、許可を取っていない限り案件に応募するのはやめましょうね。)

まとめ:書く習慣・ブログ・書き方の勉強をはじめよう

Webライターになる方法について紹介してきました。

この記事の要点をまとめると

ポイント

  • Webライターは特別な資格がなくても始められる
  • 誰でも始められるのでライバルも多い
  • 稼げるようになるにはスキルと実績が必要
  • 実績の作り方は「ブログ」「クラウドソーシング」「転職」
  • できれば在職中からワードプレスを始めて実績を作りたい
  • 文書術は書籍や講座で身につけるのがおすすめ
  • 退職前にポートフォリオが作れたら◎

退職前にポートフォリオを作れるようにするために、できるだけ早い時期からワードプレスでブログを立ち上げて記事を書いていきましょう。

ワードプレスでブログを始めたい人は、「【簡単】ワードプレスのはじめかた」の記事で簡単に立ち上げる方法を紹介しています▼

【簡単】ワードプレスの始め方|エックスサーバーのクイックスタートで楽々開設!

2021/11/27  

マルくんワードプレスでブログを始めたいんだけど…、難しくないかな? まるげり結論から言うと、簡単に始めることができるよ! 少し前までは、ワードプレスでブログを始めるのがけっこう大変でした。 しかし、今 ...

一度転職を考えている人は、こちらで「教員からの転職|おすすめの転職サービス」を紹介しています▼

教員からの転職|おすすめの転職サイト・エージェントと選び方

2021/11/7  

教師として働くのがつらい。 転職したいけど、何をしたらいいのかがわからない。 教員の働き方が過酷さから「教師としての働き方」に疑問を持ち始めていませんか? 教師としての働き方に疑問を持っている人は、転 ...

この記事で紹介したWebライター講座はこちらから

その他の「教員からなれるおすすめのフリーランスのお仕事」が気になる人は、こちらの記事をご覧ください▼

教員から在宅フリーランスへ|おすすめの働き方10選

2021/11/27  

教員の仕事がつらくてやめたいけど、特別なスキルもないし…。 この歳ではじめられるフリーランスの仕事なんてないよなぁ…と諦めていませんか? 実は、教員からでも目指すことができる在宅フリーランスの仕事はあ ...

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

マルくん

じゃあまたね。バイバーイ!

スポンサーリンク

-教員→フリーランス