教員→フリーランス

教員からYouTuberへ!登録者数を増やすコツ7選

スポンサーリンク

マルくん

教員からYouTuberになりたい!

チャンネル登録者数ってどうやったら増えるんだろう?

YouTubeのチャンネル登録者数の増やし方を知りたいと思っていませんか?

YouTuberとして最初の目標は、チャンネル登録者数1000人ですよね。

私もフリーランスになりたてのときにはYouTuberとして収益を得ていきたいと考えていました。

途中でYouTuberの道は諦めたのですが、それでもYouTubeのチャンネル登録者数500人を超えることができました。

チャンネル登録者数500人までのグラフ

この記事では、YouTubeに動画を投稿する中でわかった「チャンネル登録者数を増やすコツ7選」について紹介していきます。

記事を読み終えると、YouTubeのチャンネル登録者数を増やすコツがわかり、明日からの動画作りに生かすことができるようになります。

YouTubeの登録者数を増やすコツ7選

私がYouTuberとしてチャンネルを運営するなかで学んだコツを7つ紹介します。

ジャンルを絞る

まず最初に考えることは、ジャンルを絞ることです。

理由は、ジャンルを絞ったほうがチャンネル登録されやすくなるからです。

YouTubeを使っていて「チャンネル登録したい」となるのはどんなチャンネルでしょうか?

それは、ズバリ▼

  • 自分の興味のある内容
  • 面白いorためになる
  • 定期的に更新されている

というチャンネルです。

自分に興味のある内容が定期的に更新されて「見逃したくない」と思うからチャンネル登録してもらえるのです。

ジャンルを絞らずにいろんな内容の動画を出していたら「自分の興味のない内容で通知が来るのは嫌だなぁ…。」という気持ちになりますよね。

なので、まず最初は「どんなジャンルで発信するか」という軸を決めていきましょう。

競合分析をする

ジャンルを選ぶときに、一緒にやってもらいたいことがあります。

それは「競合のチャンネルを分析すること」です。

競合があまりにも多すぎるジャンルはオススメできません

どうしてもそのジャンルでいきたいときには、テーマを少しずらすか、よりニッチなテーマにすることをおすすめします。

少し具体例を出しますね。

私は「本の要約チャンネル」をしていました。

最初、何も考えずに「ビジネス書」の本要約を始めたのですが、なかなか見てもらえません。

そこで、競合のチャンネルをリサーチしてみました。

すると、次のようなことがわかりました▼

  • 「ビジネス書の本要約」はすでに多くのチャンネル存在していた
  • 「ビジネス書以外のジャンルの本要約チャンネル」は比較的少ない

そこで、チャンネルの方向性を「子育て本に特化した本要約チャンネル」に変更することに。

そのジャンル変更が功を奏し、4月からの5ヶ月間でチャンネル登録者数を一気に増やすことができたのです。

このように、テーマを少しずらしたり、よりニッチなテーマにできないかを考えることで、チャンネル登録者数を増やすことができることがあります。

(ただし、YouTubeはニッチすぎるテーマとは相性がよくないので、あまり専門的な分野になりすぎないように気をつけましょう)

また、競合チャンネルを見つけたときには、どんな内容の動画を配信しているのかをチェックしておきましょう。

その理由は、後で記述する「ジャンルの近い&伸びている動画に寄せる」のところで説明しますね。

インパクトのあるサムネイルを作る

YouTubeの動画を見てもらうためには「サムネイル」は超重要なポイントです。

なぜなら、どんなに最高な動画を作ったとしても、サムネイルが微妙だったら見てもらえないからです。。。

マルくん

どんなサムネを作ったらいいの?

どんなサムネイルにしたらいいかは、よく伸びている動画を見ながら研究していきましょう。

どんなジャンルの動画を作るかにもよりますが、基本的には次の2つが効果的です。

  • 赤や黄色などの色で目立たせる
  • ネガティブワードで視聴者の目を引く

「赤」や「黒地に黄色」などは、人間の本能的に"危険"を感じさせる色なので、視聴者の目にとまりやすくなります。

また人間の脳は、ポジティブワードよりもネガティブワードに反応するようになっているので、ネガティブワードでサムネを作ったほうが視聴率が高くなる傾向にあります。

例えば…

「おすすめの食事法5選」

よりも

やってはいけない食事法5選

の方が、クリックされやすい傾向にあります。

(ニュース番組がネガティブな報道をたくさんするのと同じ原理ですね)

こういった視点で、トップYouTuberのサムネイルなどを見ていくと、どんなサムネイルを作ったらいいのかが見えてきます。

サムネを作る前に、一度リサーチをしてみましょう。

マルくん

サムネ作るの難しい!誰かにお願いしたい!!

サムネを作るのが苦手 or 動画づくりに集中したいという人は、サムネを外注してお願いするという方法もあります。

クラウドソーシングサイトを使ったら、外注することができます。

「サムネづくりお願いします!」と呼びかけて外注先を決めたい人はクラウドワークス ランサーズ

「この人にサムネづくりお願いしたい」と外注先を見つけてからお願いしたい人はココナラ のサービスを使うのがよいでしょう。

定期的に更新する

YouTubeのチャンネル登録者数を増やすためにオススメの方法は「定期的に動画を更新すること」です。

定期的に動画を更新することには、次の2つのメリットがあります。

  • 視聴者は、定期的に更新があるとチャンネル登録したいと思う
  • 定期的に更新があるチャンネルは、YouTubeのアルゴリズムに乗りやすくなる

視聴者からしたら「いつ更新されるかわからないチャンネル」よりも「定期的に更新されているチャンネル」の方がチャンネル登録したくなりますよね。

また、「毎週火曜日・金曜日の17時更新」のように曜日と時間を固定すると、ファンになった人が動画更新日に見てくれるようになります。

すると「初動の視聴回数」を高めることができるので、アルゴリズムに乗りやすくなるのです。

YouTube側から考えても、更新頻度が低いチャンネルよりも、頻繁に更新しているチャンネルの方がYouTubeに対する貢献度が高いので、アルゴリズムにも乗せてもらいやすくなります。

マルくん

どれぐらいの頻度で更新したらいいかな?

チャンネルのジャンルなどにもよると思いますが、最低でも週2回以上は更新することをオススメします。

特に、チャンネルを立ち上げてすぐは、とにかく本数を打っていきましょう。

「YouTubeは量より質」という意見もありますが、チャンネルを立ち上げてすぐの頃は、まず「量」です。

動画をアップしてみないことには、どんな動画が見られやすいのかどうかを分析することもできません。

量をこなしながら質を高めていきましょう。

ジャンルの近い&伸びている動画に寄せる

うまくいけば、劇的に再生回数を増やせるかもしれない方法があります。

それは「ジャンルの近い&伸びている動画に、内容・サムネイルを寄せる」という方法です。

YouTubeには関連動画という表示欄があります▼

関連動画

YouTubeで動画を見ているときに、右の方に現れる表示です。

その関連動画には、視聴者が見た動画の「内容」や「サムネイル」が似ているものが選ばれて表示されることがあります。

つまり、「自分とジャンルの近い&伸びている動画」と同じテーマを扱った動画をアップすれば、関連動画として表示される可能性があるということになります。

1つ具体例を紹介しますね。

私のチャンネルは、4月に一気に再生回数が伸びました。

再生回数が伸びた理由は、ひろゆきさん(2chで有名な)の動画の関連動画に表示されたからでした。

ひろゆきさんの関連動画にのってから

ひろゆきさんがアップした「非認知能力」の動画の関連動画に、私のアップした「非認知能力」の動画が表示されていたのです。

すると、毎日数千回と再生されているひろゆきさんの動画を見た人の数%の人が、私の動画を見てくれるようになりました。

このように、自分と同ジャンルで伸びているYouTuberさんの動画に寄せた動画を作ることで、関連動画として表示される可能性が高まります。

うまく関連動画に表示させることができた日には、チャンネル登録者数がどんどん増えていくことでしょう。

このように、YouTubeの面白いところは「競合相手が味方になり得る」というところです。

同ジャンルで動画をあげている人同士で協力しあって、互いに伸ばし合うことができます。

他のメディアにはない特性を上手く使いこなしていきましょう。

飽きさせない工夫をする

動画を作成するときには、視聴者を飽きさせない工夫をしましょう。

毎回大爆笑のネタをぶっこめれば最高なのですが、それはさすがに難しいですよね。

なので、せめて次のことは動画に組み込むようにしてみましょう。

  • BGM・音楽を挿入する
  • 効果音を入れる
  • 不要な間はカット
  • ちょいネタが入れられないか考える
マルくん

BGMとか効果音ってどうやって手に入れるの?

BGMを挿入するときには著作権に気をつけましょう。

私は、著作権フリーのYouTubeの中で使用することの出来る「オーディオライブラリ」の曲を使用していました。

効果音は、「効果音ラボ」から使用していました。

一人でずっと読み上げると聞き手が飽きるので、CMANの音声読み上げを使って、少しでも飽きないようにしていました。

あとは、できるだけ「ちょいネタ」をいれるようにしていました。

私のチャンネルのターゲット層は「子育て世代」だったので、30〜40代。

そのため、平成に流行ったマンガやゲームのネタをちょいちょいいれるようにしていました。

(幽遊白書や初代ポケモンなど)

視聴者層に合わせたネタを考えてぶっこんで、飽きさせないようにしましょう。

具体的な行動を呼びかける

YouTubeの動画の中に「具体的な行動を呼びかける場面」を作っていきましょう。

専門的な言葉でCTA(Call To Action)と呼ばれる方法です。

人間は「なまけもの」な生き物です。

次にすることを具体的に呼びかけてあげないと、なかなか行動をしてくれません。

なので、動画を見てくれた視聴者に次の行動を促してあげましょう。

YouTubeで効果的な呼びかけは2つあります。

1つは、チャンネル登録をお願いすることです。

YouTubeを始めてすぐの目標は「チャンネル登録者数1000人」ですよね?

なので、チャンネル登録者数を増やしたかったら、動画の中できちんと「チャンネル登録をお願いします」と呼びかるようにしましょう。

マルくん

よく動画の最後でみるアレね!

動画の最後で呼びかけたらいいんでしょ?

YouTubeの動画を見ていると、よく動画の最後に呼びかけていますよね。

もちろん、動画の最後に呼びかけることで、視聴者は行動しやすくなるので効果的です。

…が、実は動画の最後だけで呼びかけるのはもったいないです。

「チャンネル登録お願いします」の呼びかけは、動画の序盤や中盤でもするようにしましょう。

マルくん

なんで序盤や中盤でも呼びかけたほうがいいの?

序盤や中盤でも呼びかけたほうがいい理由は、視聴者は最後まで動画を見ないからです。

YouTubeの動画平均視聴率は、40%超えることができたらいい動画と言われます。

(すばらしい動画でも、最後まで見てくれるのは4割しかいないということ)

つまり、ほとんどの視聴者は動画の最後まで見る前に、他の動画へと行ってしまうのです。

チャンネル登録者数を少しでも増やすためには、視聴者が動画を見ているときに行動を促さなければなりません。

そのため、動画の序盤からも「チャンネル登録お願いします」が伝わるように設計していきましょう。

私は、「導入→チャンネル登録お願いします(スライドのみ・音声なし)→本編…」というように、動画開始して1分ぐらいのところで1度伝えるようにしていました。

チャンネル登録の呼びかけ1

また、動画途中の見出しタイトルの隅っこに「チャンネル登録お願いします」とテロップをいれるようにしていました。

チャンネル登録の呼びかけ2

作成しているときは「ちょっとくどいかな…。」と感じるかもしれませんが、それぐらいが丁度いいです。

動画から離脱される前に呼びかけるようにしましょう。

YouTubeで効果的な呼びかけの2つ目は、動画の最後に関連動画を表示させることです。

動画を最後まで見てくれた人は、あなたの発信するジャンルに興味のある視聴者です。

その視聴者に、もう1本自分の動画を見てもらえるように、関連動画を差し込むことを忘れないようにしましょう。

人間は「なまけもの」です。

しっかり次にする行動を示してあげましょう。

YouTubeは制作コストも大事

チャンネル登録者数を増やすコツとは少し違うのですが、YouTubeを継続する上で大切な話をしておきます。

YouTubeチャンネルを始めるときには、「制作コスト」についても考えておくことをおすすめします。

制作コストというのは、1つの動画を制作するまでのかかる時間のことです。

私は、次のような本の要約動画を作っていたのですが、制作コストがかかりすぎていました。

まるげり

1つの動画を作るのに2〜3日フルコミットで、結構きつかったです。

編集等にあまり時間がかからないスタイルで始められると、長く楽しく続けることができます。

まとめ:7つのコツで、まずは1000人!

YouTubeのチャンネル登録者数を増やすコツを7つ紹介してきました。

7つのコツ

  • ジャンルを絞る
  • 競合分析をする
  • インパクトのあるサムネイルを作る
  • 定期的に更新する
  • ジャンルの近い&伸びている動画に寄せる
  • 飽きさせない工夫をする
  • 具体的な行動を呼びかける

7つのコツを意識しながら、チャンネル登録者数を増やしていきましょう。

さらに詳しくYouTubenのノウハウや動画編集の技術を学びたい方は、動画教材で学ぶのも1つの手です。

今は、YouTuberに特化した動画講座「ムービーハック」などもあるので、短期間で専門的に学ぶことができます。

ちなみにスキル獲得は、安定して給料が貰えている在職中に行うことがオススメです。

なぜなら、退職して給料0の状態で出費して学ぶことは、精神的に結構響きます。

自己投資をするなら、金銭的に余裕を感じられるときにやっておきましょう。

ムービーハックの公式サイトを確認してみる。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

マルくん

じゃあまたね。バイバーイ!

スポンサーリンク

-教員→フリーランス